【爪の病気.com】〜爪の役割〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tumenobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link






爪の役割を考えたことってありますか?10人中8人は「考えたことがない」と答えるでしょう。
「爪は指先に付いているのが当たり前」と思うのが普通の感覚だと思います。
指先に付いていて当たり前の爪ですが、爪は私たち人間にとって必要な器官なのです。
ここでは、みなさんに爪の役割を知っていただくために、爪の役割についてご説明していきましょう。


私たちが普段、当たり前のように過ごしている日常生活を送るうえで、私たちの爪はとても重要な役割を果たしています。手の爪があるお陰で、私たちは物を掴むことや摘むことができます。また何かに触れてその質感を確かめることができます。掴む・摘む・質感を確かめるといったことができるのは、指先に知覚をつかさどる末梢神経や細い血管が集中しているからです。
爪がなければ指先に力をいれることができなくなるので、物を掴んだり・摘んだりといったことができなくなってしまいます。また、足の爪には私たちの体重を支え、安定させる大きな役割を果たしているのです。

上記では、人間の爪の役割についてご説明しました。爪は私たち人間にだけではなく、動物にも爪はあります。動物の爪も人間のそれとほぼ同様で、木に登る・木の皮を剥ぐ・獲物を倒すといった役割を果たしているのです。元々人間もはるか昔の時代では、動物の爪と同じ役割を担っていたのだと考えられます。


⇒ 爪の健康状態

sponsored link




【爪の病気.com】TOP

copyright©2012  【爪の病気.com】〜爪の異常・爪白癬・爪水虫〜  All Rights Reserved