【爪の病気.com】〜爪白癬・爪水虫〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tumenobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link






爪の病気で最も多いのが「爪白癬」です。爪白癬とは「爪の水虫」のことをいいます。
原因・・・元々足に感染していた白癬菌(水虫)を治療せずそのままのにしておいて、白癬菌が爪の中へ達し爪水虫に感染します。
症状・・・痒みや痛みはほとんど無く、爪が白く濁りやがて厚みを増し、変色・変形します。時間が経つにつれ爪がもろくなり、黄白色に濁っていきます。症状が悪化すると、爪の原型がわからなくなり、歩くたびに激痛を感じるようになります。
治療法・予防・・・爪白癬の治療法として、内服薬・外用薬(塗薬)になります。爪の中の白癬菌まで有効成分を届かせるために、内服薬を服用し血流に乗せ直接、白癬菌にダメージを与え内側から治療することができるのです。また内服薬と同時に、爪水虫になっている爪の間に外用薬を塗ることで、菌を減らす効果が上がります。

日頃から掃除をしカーペットやマットなどを洗い日光で乾かしたり、お風呂用のマット・手洗い用のマットは、小まめに取り替えるようにしましょう。また、五本指にわかれている靴下を履いたり、通気性の良い靴内に敷くシートを使うなどして予防をしましょう。


⇒ 爪白斑

sponsored link




【爪の病気.com】TOP

copyright©2012  【爪の病気.com】〜爪の異常・爪白癬・爪水虫〜  All Rights Reserved