【爪の病気.com】〜咬爪症〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tumenobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link






咬爪症とは、噛爪ともいいます。文字通り、咬みすぎて爪が変形してしまったことをいいます。

原因・・・大人の場合ですと、幼少期からの癖が原因だと考えられます。
子供の場合は、一人っ子・寂しがりや・両親が居ない子などが寂しさをまぎらわす為、大人と同じで癖で爪を咬む習慣が見られます。近年では、過保護の家庭ほど子供にとって大きなストレスになり、爪を咬む子供が多いと調査結果で報告されています。
症状・・・歯形のように爪先がギザギザになり、爪の表面も食いちぎられるため荒れています。
治療法・予防・・・一番の治療法は、咬む癖を直すことです。咬み癖がひどい方は、マニキュアやつけ爪をしたり爪の表面にクリームを塗るなどして、咬む回数を減らし自然に咬み癖が無くなるようにしましょう。咬み癖が治っても、変形した自爪を伸ばしなおるまで根気良くネイルケアをしましょう。それでも咬み癖がなおらない方は、爪に絆創膏を貼るのも一つの方法です。

また爪を咬むことにより、爪周辺が唾液で濡れるため、不衛生になり細菌・カビが繁殖し、細菌感染の原因となることもあります。細菌感染を避ける為にも、手洗い・指先の洗浄を心がけ、乾いたタオルできれいに拭きましょう。


⇒ 巨爪症

sponsored link




【爪の病気.com】TOP

copyright©2012  【爪の病気.com】〜爪の異常・爪白癬・爪水虫〜  All Rights Reserved