【爪の病気.com】〜爪のことわざ〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tumenobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link






爪には、沢山の言い伝えやことわざがあります。みなさんが子供の頃「夜に爪を切ると早死するよ」と親に言われたことないですか?ここでは、爪に関する言い伝えやことわざをご紹介していきましょう。


代表的な爪の言い伝えは、「夜に爪を切ると親の死に目に会えない・寿命が短くなる」という言い伝えかと思われます。この言い伝えの由来は、昔は爪切りが無く、代用で刃物を使っていたそうです。刃物を代用することによって、夜に爪を切ろうとすると手元が狂い怪我をすることも考えられ、最悪の場合、親よりも先に死に至る可能性もあることから、親の死に目に会えないと言われているそうです。
寿命が短くなるという由来は、夜に爪を切ることで爪を短くする→世を詰める→自分の人生を詰める→寿命が短くなる。また、囲炉裏のそばで爪を切ると、切った爪が飛び火葬した時と似た臭いがするので、寿命が短くなると言われているそうです。

次に爪に関することわざですが、今まで親・友人・上司との会話の中で「能ある鷹は爪を隠す」・「爪を研ぐ」・「爪が伸びる」といった言葉を聞いたことありませんか?また、聞いたことはあるけど意味が分からないといった経験はありませんか?今からことわざの意味も含め、いくつかご紹介します。
「能ある鷹は爪を隠す」・「能ある猫は爪を隠す」・「上手の鷹が爪を隠す」→意味:すぐれた能力のある人は、普段それを見せずに隠している
「爪に火を灯す」→意味:すごくケチなこと
「爪が伸びる」・「爪の長い」→意味:欲が深いこと
「爪を研ぐ」→意味:準備をすること
「爪の垢ほど」→意味:極めて量の少ないことのたとえ
「爪の垢を煎じて飲む」→意味:優れている人のことを少しでも見習おうとすること
「爪で拾って箕で零す」→意味:苦労して蓄えたものを一度に浪費すること
「苦髪楽爪」→意味:苦労している時は髪が早く伸び、楽している時は爪が早く伸びること
「苦爪楽髪」→意味:苦労している時は爪が早く伸び、楽している時は髪が早く伸びること
少し言い方が違っても同じ意味のことわざもありましたね。みなさんもぜひ、簡単なことわざを使ってみてくださいね。

次は、みなさんもご存知の食べ物の「鷹の爪」ですが・・・。こちらにも「爪」が関連していますよね。どうして鷹の爪と呼ぶのかご存知ですか?鷹の爪の由来は、目にしたままの通り鷹の爪に似ていることから名前が付けられました。鷹の爪には、カビ止め・殺菌効果があるそうですよ。

sponsored link




【爪の病気.com】TOP

copyright©2012  【爪の病気.com】〜爪の異常・爪白癬・爪水虫〜  All Rights Reserved